コンテンツへスキップ

粗大ごみを処分する時は不用品回収業者に依頼するのがおすすめ

引越しをする時に必要ない物がいろいろ出てきてしまいますが、処分するのに大変なのが粗大ごみでしょう。粗大ごみは一辺が30センチを超える大きな不要物の事が家具などが挙げられます。

 

粗大ごみの判別ですが、お金が掛かるので出来るだけ普通ゴミで出したいのですが、微妙な大きさや家電(炊飯器・掃除機)細かくしてゴミ袋に納めれば出せる物など、ゴミ出しの冊子と直接連絡する手間が大変でした。

 

片付けた後にヘトヘトで手間をかけて解体するかアナウンスしながら走る廃品回収車に少し割高でも全部持っていってもらおうか本当に悩みました。

 

そこで一日で全部を片付けるのではなく、少し時間をかけて知り合いなどに声を掛けて手伝ってもらいました。
中にはゴミでは無く人伝に譲ることもできたり、リサイクルショップに売ってみるなど一人では考えつかなかったことも人手と時間的に余裕が出来てなんとか乗り切れました。

 

プライベートな家の物なので少し恥ずかしさもあり友人にお手伝いや相談をしにくい部分もあったんですが、思い切って相談することで気持ち的にも体力的にも頼ってよかったです。

 

掃除と処分はだいたいセットですので、時間的にも余裕を持って取り組むのが良いと思います。一人で無理せずに周りに助けを求めるのも大切です。

 

処分するのに行政に依頼するという方法も可能ですが、指定日が決まっているなど不都合になってしまう面が多いのであまりおすすめする事は出来ません。

 

粗大ごみを処分するのにおすすめなのは不用品回収業者に依頼をするとすごく便利です。不用品回収業者は電話で依頼をすればいつでも回収しに来てくれるので自分の都合に合わせる事が出来ます。

 

それに粗大ごみを回収する作業をする時に部屋からの持ち運びや作業終了後の掃除までしてもらう事が出来ます。そのため依頼者は労力をまったく使わないので特に高齢者や女性などは大きなメリットになります。

 

不用品回収業にもいろいろな業者があるので料金設定も異なったりしてきます。そのため利用する前に複数の業者に料金の見積もりをしてもらって見比べてから業者を選ぶようにするといいでしょう。

PR|クレジットカードの即日発行じゃけん|家計見直しクラブ|英語上達の秘訣|初値予想|健康マニアによる無病ライフ|GetMoney|オーディオ|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|工務店向け集客ノウハウ|JALカード|女性の人生|貯蓄|お家の見直ししま専科|